読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

青空の下で運動会!保育士さんの待遇がより良くなることを願わずにはいられません。

保育園のこと

こんにちは。gauche☆ゴーシュです。

 

今日は上の子の運動会でした。

昨年は雨のため、近隣の体育館をお借りしての運動会。

ガヤガヤした館内で、1歳児のうちの子は周りに圧倒されて、立ち尽くして終わりました。

 

今年は2日前までの天気予報では雨予想でしたが、無事に青空の下、公園での運動会が開催されました!!

 

今年度は2歳児になったので、入場行進をしたり、アンパンマンの仲間の仮装をして、リズム体操を行ったり、かけっこしたりと、とても一生懸命参加していました☆

 

アラフォーの私は、そんな、一生懸命走って、踊って、頑張っているわが子の勇姿を見て、涙涙…………笑

 

いや、アラフォーだからじゃなくて、妊婦だからホルモンバランスで涙腺が弱くなっているから、のはず…。汗

 

 

そして、変身の準備とか、運動会のプログラムなど、保育士さんの仕事ぶりに脱帽すると同時に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 

普段の園児の保育だって大変なのに…。その間をぬって園児全員分のお面を作り、マントを作り、ベルトを作り…。そのクォリティの高さに驚きを隠せません。

 

 

プログラムだって、ただプリントアウトしたものではなく、折り紙やリボンなどを使い、とっても温かみのあるものです。

 

 

 

私の周囲にも、保育士の資格を持っているけど、割に合わない…と、保育士を辞めて一般職に就いている人がたくさんいます。

 

最近では、保育士の業務改善のため、運動会や発表会を実施しない保育園も出てきているみたいです。

でも業務を減らすことで改善するのではなく、保育士をしたいと思った人が保育士を続けられるくらい、労働に見合った対価が支払われ、保育士であることを誇りに思い、長く続けられるような社会になることを祈っています…。