読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

旦那くんの考え方

こんばんは。gauche☆ゴーシュです。

 

不妊治療専門クリニックを受診していることを

やっと旦那くんに報告しました。

 

我が家は共働きで、私が3交替勤務をしています。

旦那くんは営業マン。

趣味は残業?と聞きたくなるほど毎日残業しています。

 

私の両親は他界していて、旦那くんの実家も遠方。

育児をサポートしてくれる人はいないんです。

私が夜勤の日は、旦那くんが残業を切り上げて帰宅し、

上の子の育児をしています。

そのため、私が日勤や休みの日は、

溜まった仕事をこなしてから帰るので、帰宅は深夜。

 

結果として、夫婦でゆっくり何かを話し合う時間なんて

ないんです。

最近では、夫婦間の業務連絡さえも、LINEです。

 

そんな中、やっとできた夫婦会談のチャンス!

思いっきり突然、ナイーブな話を淡々としました。

 

2人目不妊で悩んでいること、

受診したけど原因がハッキリしないこと、

必要があれば治療も視野に入れていること。

 

黙って聞いてくれた後、2人目は欲しいと思っているけど、

まだ治療を考える時期ではないと思っていること。

何か原因が見つかって、治療が必要ならば協力するし、

男性不妊の検査を受けたいと思ったこと。

きっとすごく驚いたと思うけど、すごく考えて、

正直な気持ちを伝えてくれた。

 

話し合いの結果、

まずは私が検査を終わらせること、

タイミング指導を受けて妊活してみること、

を決めて、夫婦会談は終了しました。