gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

今週の振り返り② 下の子へ感染して入院。24時間付き添い始動。

おはようございます。gauche☆ゴーシュです。

 

全大腸型潰瘍性大腸炎寛解導入中です。

日曜日から上の子がクループ症候群で発熱し、自宅療養中でした。

 

水曜日、下の子は5種類の予防接種を受けてきました。

帰宅後いつもはあまり泣かない下の子が、なにやらずっとぐずぐず。

予防接種したところも目立ったトラブルはありませんでしたが、イヤだったのかな?と様子をみていました。

 

夜8時頃、寝室に連れて行こうと抱っこしたら、熱い(´⊙ω⊙`)

確実に発熱している熱さです。

計測すると38.7℃

だからぐずぐずだったのかぁと妙に納得。

その日はそのまま寝かせ、木曜日予防接種を受けた小児科クリニックを受診。

クリニックでも38.2℃ありました。

採血の結果、WBC16700、CRP4.7 ありました。

発熱から2日目にしては数値が高いので、原因はまだわからないけど、大きい病院で入院した方が良いと言われました。

 

はじめは、私の職場であり、この間まで私が入院していた総合病院が診てくれると言ってくれて、紹介状を準備してもらったのですが、クリニックを出る直前に満床だと断られてしまいました…(๑•ૅㅁ•๑)

 

クリニックの先生が別な病院を探してくれて、クリニックからそのまま病院を受診。

レントゲンで、軽い肺炎と診断されて。

入院になりました。

付き添いが必要なので、私が付き添うことになりました。

 

上の子に説明しても、「ママと一緒が良い!一緒に泊まる」と言い張り…(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

号泣しながらの別れになりました。

そうだよね…。

ママが入院中もたくさん我慢してくれて、退院して、まだ3週間経っていないもんね。

妹が帰ってきて、家族4人そろって、まだ1週間だもんね。

ママと一緒に泊まれないこと、本当はきっとちゃんとわかってる。

でも、そうやって自分の気持ち、伝えたかったんだよね。

ママもあなたとも一緒にいたいよ。

大好きだよ。

たくさんたくさん抱きしめました。

 

上の子の心の叫びが辛すぎて、涙涙のお別れでした。

 

妹ちゃん!

早く治して、お家に帰ろうね。

パパもお姉ちゃんも待ってるよ(*´ω`*)

 

そして私はコンビニごはん生活がはじまります…。