読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

入院生活1日目

こんばんは。gauche☆ゴーシュです。

 

入院当日。

子どもたちとの別れで、涙涙の時間を過ごしています。

 

でも点滴が始まり、ベッドで臥床して過ごしていると、家にいる時と違って身体がすごく楽になっているのがわかります。

点滴をしているから水分さえ取らなくてもいいんです。

飲まず食わずだと腹痛も下痢も下血も回数が減ります。

辛い症状が緩和されて本当に穏やかに過ごせています。

そして、点滴で脱水も改善されたんでしょうね。

血圧も入院時80代しかなかったのに、夕方には90代まで回復しました。

立ちくらみのような症状も楽になっています。

そして、泣き疲れたことも関係しているのか、30分程昼寝までしてしまいました。

 

テレビを見る気にもなれず、ただただ寝て過ごしました。

 

夕方、職場の友人が面会に来てくれました。

友人のお悩みなんかを聞いて、みんないろんな問題を抱えて頑張っているんだなぁ〜、自分も頑張るぞ!とパワーをもらいました。 

 

保育園後の娘も面会に来てくれました。

私の点滴をしている姿を見て、入院を理解してもらおうと思ったのですが、私に近づいてくれず、あまり私に関わらずに素っ気なく帰って行きました。

思っていたのと違うなぁ〜と見送りましたが、帰宅途中から、大粒の涙を流して帰ったようです。

 

そして、我が家のリビングの窓からは、私の入院している病院が見えます。

カーテンを開け、事あるごとに、ママに会いたい…と泣いていたそうです。

 

 夜は案の定、下痢と下血が5回。

38.4℃の発熱がありました。

 

 

早く元気になるぞ!!