読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

産後手伝ってくれるはずが…。実母と姑の違い。

こんにちは。gauche☆ゴーシュです。

 

第二子を出産し、当日、他県に住んでいる義母が自宅へやってきました。

産後、家事などを手伝ってくれるということで、お願いしていたんです。

両親ともに他界している私にとっては、会社の経営をしていたり、民生委員をしていたり、忙しくしている義母から、お手伝いを申し出てもらったことは本当にありがたいの一言に尽きます。

義母が手伝ってくれるならと、産後ヘルパー事業などの公的サービスの利用登録などもしていません。

 

入院中、ベビとの面会を済ませ、上の子と遊んでくれています。

 

でも、数日経った義母から、耳を疑うひとことが。

 

gauche☆ゴーシュ、あなた気丈だわ。昔はお産って命懸けだったけど、今は違うのね。私、仕事があるから退院の日に帰るわ。』

 

 

………。

 

 

 

はぁ?(´⊙ω⊙`)???

 

嫁としては、そうですか、わかりました。わざわざ忙しい中入院中会いにきていただいて、ありがとうございます…。としか言いようがありませんでした。

 

 

 

 

退院日、自宅に帰ると、ダイニングテーブルの私の席に菊の花が飾ってあり、目が点に…。

義母的にはお彼岸なので、私の他界した両親へ手向けたそうなのですが、中学生のイジメかと一瞬思いました。

 

そして本当に義兄妹らが、ベビに会いつつ、義母を迎えに来て、本当に帰ってしまいました。