読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

妊娠26週3日 妊婦健診② 逆子の原因はマタニティウェア

2人目妊婦生活

こんにちは。gauche☆ゴーシュです。

 

2人目不妊、流産、重症悪阻を乗り越え、妊娠26週。

 

妊婦健診に行ってきました。

 

 

4Dエコーの結果、

ベビちゃんは元気ですが、横位で第二胎向ということがわかりました。

つまり、私の子宮の中で、横になっている状況で、私のヘソより右側に頭があって、左側に足がある感じです。

 

お腹も前に出るというよりは横長ですし、左側のお腹でばかり胎動を感じています。

 

まだまだベビちゃんも小さいので、子宮の中でもぐるぐる動けるのですが、現在の向きから、正常なお産の時の頭位になるためには、ぐるんと1周しなければならず、横位が直っても、逆子になってしまう可能性が高いのだそうです。

逆子よりも1段階、戻るのが大変なんだそうです…。

 

逆子が直らなければ、帝王切開での出産になるとのこと…。

どうせなら自然分娩がいいなぁ。

 

そこで、ベビちゃんの位置が安定しない原因を取り除いてみましょう。と、アドバイスを受けたのですが、またもや目から鱗(´⊙ω⊙`)

 

 

なんと、マタニティ用の下着やタイツ、ズボンなどが原因なのだそうです。

 

 

マタニティ用の下着類って、お腹も一緒に保護してくれるように、肋骨の辺りまで上げられるようになっています。

キュッと適度におさえてくれるサポート力もあり、私は妊娠初期でお腹がまだ目立たない頃から愛用し始めていました。

 

でもこのマタニティ用の下着類が上腹部を圧迫し、血流を妨げることで、横位や逆子になるのだそうです。

今日から使うのやめましょう、と指導されました。

 

 

えっ⁉︎

だってマタニティ用として売ってるから、いいのかと思ってたんですが…。

 

と状況を理解しきれない私。

 

助産師さんからは、

 

助産の世界も日進月歩。

1年前に推奨されていたことも、翌年にはリスクを指摘されることもある。

商品の開発や販売となると、中々追いつかないよね。

 

とのご意見が。

 

 

日進月歩……。

た…確かに。

 

 

上の子の妊娠中も同じタイプの下着を着用していて出産予定日の2週間前まで逆子で、帝王切開の予約をして入院日も手術日も決定していました。

結局、ぐるん!!!とすごい胎動があり、逆子が直り、自然分娩になりましたが…。

 

 

 

試しに、お腹の圧迫を避ける指導を信じて、マタニティ用の下着やタイツの使用をやめてみました。

普段の下着を恥骨部分位まで上げて着用し、ズボンもマタニティ用をやめて、普段のズボンのボタン部分にゴムを巻いて腰履きする感じにして…。

 

 

日常生活に支障はなさそうです^_^

 

最初に聞いていたら、改めて色々購入しなくて済んだんだなぁと、使うのをやめたマタニティグッズを眺める今日この頃です。

 

逆子にお悩みの方。

逆子体操、ベビちゃんへの言い聞かせ、と併せて試してみてください(^-^)