読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

妊娠18週 銀歯が取れて歯科受診

こんにちは。gauche☆ゴーシュです。

 

二人目不妊、流産を乗り越え、無事妊娠18週を迎えています。

安産祈願行こうと思いつつ、5か月も半ばになってしまっているのも気がかりな今日この頃…。

潰瘍性大腸炎の症状がまだ改善しないので、祈祷中に退席する訳にはいかないしな…、と今日に至っています。

11月に上の子の七五三詣りの予定があるので、一緒に祈祷してもらっても良いのかな?

 

今年から居住区では、妊婦健診の助成券と一緒に、妊婦歯科健診も助成券を頂けることになっていました。

上の子の歯の状態を診てもらっている歯科は助成券利用の対象施設ではなかったので、他の歯科に行くか、助成券不使用で上の子と同じ歯科に行くか、迷っていました。

 

なんてぐずぐずしていたら、歯の詰め物が取れてしまいました。

上の子の妊娠中も外れた銀歯。なんで妊娠中だけ外れるんだろう。

大嫌いな歯医者さん……。

付き添いで行くのも嫌で上の子の歯科受診も間が空いてしまっているくらい苦手な歯医者さん……。

知らないところに行くのも不安だったので、結局、上の子が通院している歯科に電話で相談しました。

当日治してくれることになり、先程受診して来ました。

 

詰め物はプラスチック製か銀歯製が選べるらしく。

メリット・デメリットを説明してもらい、今回はプラスチック製を選択。

麻酔についても、しっかりかけて痛くないけど、麻酔が取れるまで時間がかかるのと、多少痛いけどすぐに麻酔が取れて元に戻るのを選択できました。

 

もちろん、ガッチリ麻酔かけてもらい治療開始です。

痛くないけど、力が入り、指がグワシの形で固定されてる自分が恥ずかしかったです。でも無意識だからどうにもならない…。笑

 

プラスチック製の詰め物は強度は銀歯にはかなわないけど、白いので見た目は違和感ないですね。1日で詰め物まで完了の手軽さもいい感じです。

 

帰宅して1時間、まだまだ麻酔が効いていますが、無事、銀歯が外れた歯の治療は終了!

 

自覚もあったけど、他にも虫歯があったので…。

しばらく苦手な歯科受診は続きます(T_T)

 

歯周病にもなりかけそうな歯茎があるらしく、そちらの方も併せて診てもらうことになりました。

歯周病は低体重出生児のリスクファクターになっているそうです。

歯って大事ですね〜。