読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

オススメ絵本『ちょっとだけ』

上の子のこと

こんにちは。gauche☆ゴーシュです。

 

週末発熱したわが子を連れて、月曜日、かかりつけの小児科クリニックを受診しました。

 

小児科の待合室はキッズスペースがあり、おもちゃもたくさんあるので、児童館に行くかのように子どもはウキウキしています。

 

次に診察する人だけ、中待合室に呼ばれます。

 

 

中待合室には、おもちゃはないので、数冊の絵本が置かれています。

 

もうすぐお姉ちゃんになる上の子は、お兄ちゃん・お姉ちゃんネタの絵本を「これ読んで〜〜」って持ってきます。

 

はじめは『ぼくはひなのおにいちゃん』を読み聞かせ。

娘は真剣に聞き入っていました。

3回程読んだら、

 

「次これ読んで〜〜」と持ってきたのが

 

『ちょっとだけ』

 

私自身もはじめましての絵本でした。

 

どんな本かな?と思いながら、読み聞かせ…。

 

 

 

(´༎ຶོρ༎ຶོ`)  途中から、私、号泣!

 

 

新米お姉ちゃんが、健気にがんばって、ちょっとだけ色々なことができるようになる話。

 

娘は私が泣いているので、「大丈夫〜?」と背中をさすってくれています。

 

 

泣きじゃくりながら、絵本の最後まで読みきった瞬間、

 

 

 

「次の方、どうぞ〜〜」

と、非情にも診察室へ促す看護師さんの声が…(-。-;

 

 

目を真っ赤にさせ、ぐずぐずしている私に、看護師さんも先生もびっくり。

 

絵本が感動で…。と伝え、爆笑の中、診察が始まりました。トホホ…。

 

 

 

娘は泣かずに診察も検査も受けることができました!

 

アデノウイルス扁桃炎だったみたいです。

 

 

早くよくなりますように\\\\٩( 'ω' )و ////