読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

5-ASA製剤ペンタサ®︎坐剤という薬

おはようございます。gauche☆ゴーシュです。

 

2人目不妊と流産を乗り越えて、現在妊娠15週。

妊娠中のマイナートラブルで、痔になったと思っていたら、潰瘍性大腸炎を発症していたことが判明しました。

 

確定診断がついた日。

ついに、特効薬である5-ASA製剤。

ペンタサ®︎坐剤なるものが処方されました。

 

坐薬ですか⁉︎

 

 

はい。坐薬です。

 

 

飲み薬はないんですか?

 

 

あるけど、直腸に効かせたいんだから、坐薬の方が患部に近いでしょう。

 

 

いつまでやるんですか⁉︎

 

 

基本使い続けます。やめれるかなぁ。

 

 

 

 

えっ!(◎_◎;)

 

私、坐薬を生涯続けるの⁉︎

 

 

 

なんだか診断された時より、

難病と言われた時より、

生涯毎日坐剤を入れる可能性を示唆された今。

 

 

途方に暮れています……。

 

 

 

 

 

帰宅して、添付された挿入方法の説明書を熟読。

 

剤型は普通の坐薬とは違って、すごい大きい楕円形サプリのような形。

挿入するところを水で濡らすと挿入しやすいらしい。

 

 

説明書通りにやってみた。

 

 

 

痛い。

 

痛すぎる…。

 

 

 

やはり、水だけで先端が若干溶けても滑りが良くなるわけではないので、ほぼ1か月間、1日20回も粘血便を排泄して、弱り果てている、私の肛門には刺激が強すぎました。T^T

 

 

直腸までも入らなかったかもしれない…。

30分後に便意を催し、坐剤は形を残したまま、飛び出してきました。

 

 

 

 

明日のペンタサ®︎坐剤は潤滑油をゲットしてから、チャレンジしよう。