読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gauche☆ゴーシュの仕事と育児と人生と

潰瘍性大腸炎発症したアラフォー看護師が仕事と育児を両立しながら2人目不妊を乗り越え妊娠・出産する記録

保育園戦争問題

おはようございます。gauche☆ゴーシュです。

 

 

お腹の子がもし、3月生まれだと仮定して。

保育園どうしよう。

 

居住区では、0才児、1才児の待機児童解消対策として、1才児の時点で、その後の定員を満たすシステムが導入されています。

未満児の時点から認可保育園に預けられる確率が高くなるので、とっても助かるシステムではあるのですが、やはり良いことばかりではないんです。

 

そうなんです。

 

1才児までに認可保育園に入れなければ、その後、認可保育園に入れるのは、転勤などで空きが出た分の人数だけ、ということになるんです。

極々狭き門ですよね。

3才児までの小規模認可外に預けても、3才児以降に認可に入れるチャンスは皆無なのです。

 

こども園が整備されていても、6時までの延長の場合が多く、残業が多い我が家では現実的には利用困難です。

 

 

恐ろしや〜

 

 

認可保育園は4月からの申し込みで入園が決まらないと、たいてい翌年までの1年間待機児童になります。

 

保育園の入園申し込みは毎月可能ですが、4月入園に限っては12月に〆切。

その時点で、住民票がない胎児は申し込みさえできません。

入りやすいと言われる0才児クラスへの権利がこの時点でない、我が家は、

1才児の申し込みにかけるしかありません…。

 

 

下の子を預けず3年間育児休暇を取ることは可能ですが、産後1年以内に復帰しないと上の子も保育園を退園しなければならなくなります。

 

…………。

 

 

2人目不妊の末にやっとできた2人目でしたが、本当に産んで育てられるのか?

 

 

 

とっても不安になりました。